本当に安くて便利なのか

- 本当に安くて便利なのか

本当に安くて便利なのか

株主優待券に対する一般的なイメージは、安価でチケットを購入できることかもしれません。
とはいえ本当に安くて便利なのでしょうか。
詳しく検討してみましょう。
再確認できることがあるかもしれません。

早割チケットより得にはならない

ANAやJAL、そしてスターフライヤー、もちろんスカイマークやエアドゥであっても、今は早期割引系のチケットが販売されています。
格安航空会社LCCが登場したため、必然的に正規の格安航空券を許容する必要性に迫られているためです。

そうした航空券と比べれば、優待券が得とは必ずしも言えないでしょう。
例えばANAの旅割であれば最大83%のディスカウントになるからです。
ただし両者を組み合わせて利用することはできません。
であれば使い方次第ということになりそうです。

当日便のチケットを購入できます

では優待券のメリットは何でしょうか。
言い換えると早割のチケットにおけるデメリットです。
つまり当日券も割引の値段になるのかどうか。
この点こそ航空会社の優待券が人気のランキングで上位になる理由の一つでしょう。

もちろんANAの特割1であれば、出発前日の予約が可能です。
また3日前まで予約可能な特割3なら、最大69%の割引になります。
マイル積算率は特割でも優待券と同様に75%なので、旅行や出張の日程が決まっているならば、格安航空券に軍配があがりそうです。

ANA株主優待のご案内
【 ご飲食ご優待 10%割引券 5枚 】

優待券1枚で1回の精算時にご利用になれます。ご予約・ご注文の際に、株主優待券ご利用の旨をお知らせください。優待券は各店舗精算の際、係員にお渡しください。

引用元:ANA株主優待のご案内|ホテル予約【IHG・ANA・ホテルズ】

予約の変更が可能です

とはいえ優待チケットがベストの選択でしょう。
つまり最大のメリットは予約の変更が可能なことです。
上記ANAの特割であっても、変更はできません。
当日空席があったとしても一度取り消し、再度予約することになり煩雑さがあります。

なお優待券であれば、もちろん空席のあることが前提ですが、当日空港のカウンターで申し込んでも割引の料金でチケットを購入できます。
どうしても予定が企てにくい仕事や、突然の休暇などであれば、金券ショップで優待券を買うのが良さそうです。

使ってみましょう

株主優待券は、割引率で劣ることもあります。
とはいえ出発の当日も利用できるし予約変更が可能なため、利便性ははるかに高いと言えるでしょう。
金券としても活用できるので、一度使ってみることをおすすめします。