利用条件や制限はあるのか

- 利用条件や制限はあるのか

利用条件や制限はあるのか

株主優待券に利用条件や制限はあるのでしょうか。
基本的には株主限定のサービスですが、旅行業界、特に航空会社では緩い規定になっているケースが少なくないようです。
それでも事前にチェックしておくことが大切です。

ANAのグループ優待券の場合

航空券以外にANAでは、株主に対してグループ優待券が提供されます。
こちらは旅行商品の支払いに使えます。
ただしANA系列以外の旅行代理店でチケットを買う際には使用できません。
予約の前に確認しておきましょう。

一方で空港のANA系ショップであればお土産などを購入する場合に利用できます。
海外旅行のデューティーフリーにも対応しています。
しかし機内販売には対応していません。
こちらも要チェックです。

JALのツアー割引券の場合

JALパック愛好家の中で人気なのが、JALのツアー優待です。
しかし利用に際してはいくつかの注意点があるので、あらかじめサイトなどで確認しておきましょう。

例えばJAL航空券の予約は、専用ツアーデスクでの電話のみ可能です。
オンラインは受け付けていません。
もちろんHISなどの旅行代理店経由もありません。

また支払方法に関しても、JALマイレージバンク会員になっていなければ、JAL指定のクレジットカード払いしかできません。
とはいえJALが好きなら、メンバーになっているはずですが。
当サイトでは格安航空券などでお得に国内旅行するコツを大公開中ですのでぜひご覧くださいませ。

無効になるリスクがあります

株式会社であれば経営に行き詰ることもあるでしょう。
つまり当該企業がつぶれたなら、株券と同様に優待券も無効になります。
ただしJALの場合はマニアが収集しようとしたため、オークションで意外な高値により買取されたとか。

航空会社は飛行機や整備場などの巨大設備を有する意味でも破綻のリスクが大きいと言えます。
ありえないと思っていた巨人JALも結果的に会社更生手続きを受けました。
スカイマークは道半ばです。
そうした危険性があることを知っておくべきでしょう。

使ってみましょう

株主優待券に関する基本的な条件や制限を知った上で、優待サービスを使ってみましょう。
わかりづらい部分があれば、遠慮せずに尋ねるべきです。
もちろん一定のリスクがあることも確認しておきたいですね。

  « 前の記事: を読む